WGN第67回例会ご案内
Ⅰ NEDOカーボンリサイクル実証研究
& Ⅱ 石炭ガス化技術(大崎クールジェン㈱)
2023年度事業 日時:2024年4月19日 AM9時50分~PM15時
9時50分
   Ⅰ部開会宣言
武本 隆志(WGN 副理事長)(JCOAL会議室)
10時00分
   Ⅰ部 NEDOカーボンリサイクル実証研究拠点見学
 
    案内 (一財) カーボンフロンティア機構 所長 渡辺 秀幸
(順不同)
・《海水を用いた有価物併産(カーボンリサイクル技術)》
海水中に含まれるマグネシウムへの。もしくは炭酸マグネシウムとしてのCO2固定化技術実証。
                               〈早稲田大学・㈱ササクラ〉
・《微細藻類由来SAFの製造に係る研究開発(カーボンリサイクル技術)》
SAFは(「Sustainable Aviation Fuel(持続可能な航空燃料)」の略称。循環型の原料で製造された航空燃料を指す)。微細藻類からのSAF製造は光合成によりCO2を大気中から吸収する仕組みの為、カーボンリサイクル技術として大きな期待が寄せられている。〈IMAT(一社)日本微細藻類技術協会〉
・《大気プラズマを利用する新規CO2分解・還元プロセスの研究開発》 
大気プラズマを利用してCO2をCOへ分解する反応器1、未反応のCO2を炭酸塩に転換する反応器2、大気プラズマを利用してCOから尿素を直接合成する反応器3の実現性の評価。
                            〈東海国立大学機構岐阜大学・KAWADA〉
12時00分
   終了→昼食会場(海舟櫓)→大崎クールジェン㈱(チャーターバスで移動)
13時05分
   Ⅱ部 開会宣言
江村 範久(WGN副理事長)(大崎クールジェン会議室にて)
   
   大崎クールジェン㈱見学(構内チャーターバスで移動)
   進行案内   下山 康之(大崎クールジェン㈱ 総務企画部 課長代理)
   挨拶     細越 俊哉(同 副社長)
   技術概要説明 笹尾 直樹(同 総務部長)
『13:05~13:10 名刺交換(5分)→13:10~13:20 OCG映像視聴(10分)→
13:20~13:55 概況説明・質疑応答(35分)→14:55~15:45 現場見学・記念写真撮影(50分)
14:45~14:55 質疑応答(10分)』
1.石炭ガス化設備
石炭と酸素をガス化炉で反応させ、一酸化炭素(CO)と水素(H2)を主成分とする石炭ガス化ガスを生成。
2. ガス精製設備
石炭ガス化ガス中の硫黄分や不純物を除去し、クリーンなガス燃料にしてガスタービンへ供給。
3. 複合発電設備
石炭ガス化ガスを燃料としたガスタービン発電と、排熱回収で発生した蒸気による蒸気タービン発電を組み合わせた、高効率な複合発電を行う設備です。出力は16万6千kW。
4. 空気分離設備
空気を圧縮・液化し、沸点の差を利用して酸素と窒素に分離する設備です。酸素は石炭のガス化に、窒素は石炭の搬送等に利用。
5. 排水処理設備
ガス精製などで使用したプラント排水を、瀬戸内海の厳しい排出基準を満足するよう浄化処理する設備。
6. CO2分離回収設備
石炭ガス化ガス中の一酸化炭素(CO)を水蒸気(H2O)と反応させて二酸化炭素(CO2 )と水素(H2)に変換し、CO2 のみを分離回収する設備。
7. 燃料電池設備
(固体酸化物形(がた)燃料電(SOFC))CO2 分離回収後の水素(H2)リッチガスを燃料として発電する設備。
14時55分
   終了
     閉会宣言~解散 渡辺 修士(WGN理事長)(大崎クールジェン会議室)
※当日のプラント稼働状況や天候によっては、急遽、現場見学を中止となる事があります。
※今例会開催にあたり(一財)カーボンフロンティア機構各位、大崎クールジェン㈱各位、中国経産局環境・資源循環経済課各位、同 井上晴夫様〈環境・資源循環経済課(当時)〉に、ご尽力を頂きました。感謝します。
・大崎クールジェン株式会社
・カーボンリサイクル実証研究拠点
当日の様子
掲載画像は全て撮影許可を頂いたものです。
WGN 第67回例会 Ⅰ部(午前の部)開会宣言
NEDOカーボンリサイクル実証研究拠点見学
     WGN副理事長(JCOAL会議室にて)
   
NEDOカーボンリサイクル実証研究拠点見学に関する案内と説明
     〈(一財)カーボンフロンティア機構 所長様 〉
   
     
《大気プラズマを利用する新規CO2分解・還元プロセスの研究開発》
              〈東海国立大学機構岐阜大学・KAWADA〉
《海水を用いた有価物併産(カーボンリサイクル技術)》〈早稲田大学・㈱ササクラ〉
CO2を炭素源とした産廃由来炭化ケイ素合成の研究開発(東北大学)
     
研究棟に向かいます
     
《微細藻類由来SAFの製造に係る研究開発(カーボンリサイクル技術)》
SAFは(「Sustainable Aviation Fuel(持続可能な航空燃料)」の略称
               〈IMAT(一社)日本微細藻類技術協会〉
午前のⅠ部(NEDOカーボンリサイクル実証研究拠点見学)終了です
昼食会場に向かいます
帰りのフェリーの時間がありますので、いつもの閉会後の挨拶・談笑も昼食時間に・・・
慌ただしいですね
午後の部 大崎クールジェン㈱に向かって出発です
到着
Ⅱ部(午後の部)の開会宣言
大崎クールジェン㈱見学
WGN副理事長(大崎クールジェン㈱会議室にて)
   
ようこそ
大崎クールジェン㈱の見学に関する案内と説明
〈大崎クールジェン㈱ 副社長様 〉
事前の説明と質問が終了しました
工場見学に出発です
WGN 第67回例会 閉会宣言
WGN理事長 
   
番外編~ほっこり
笑顔
多島美にほっこり
   
集合写真を撮って頂きました
   
記念品を頂きました
ブルーベリージャム
(大崎クールジェンブランド)
以前の記事へ